木蓮日記

何気ない毎日こそかけがえのない日々

空飛ぶタイヤの映画化が楽しみ

池井戸潤さん原作の「半沢直樹」の大ヒットから4年になるんですね。

そのドラマの時は、原作を読んでいなかったので毎週どうなるのか

ドキドキしながら見ていました。

 

先日「空飛ぶタイヤ」の単行本を買って読み始めると、

話の展開が気になって気になって一気に読んじゃいました。

 

赤松社長がどん底まで打ちのめされて、八方塞がりの状態になっても

最後まで大企業を相手に闘う姿は心を打たれます。

 

2018年に映画化されるそうです。

赤松社長演じる長瀬智也さんは小説より、かなりカッコいい感じですね。

 

個人的には、ホープ自働車の沢田課長の奥さんは誰が演じるのか楽しみです。

それと小学校のPTAの女王蜂 片山さんの配役も期待大です。

 

社会の不条理を考えさせられ、正義を信じる心は痛快です。

公開が楽しみな映画です(*^^*)